債券

国、地方公共団体、企業などが多数の投資家からお金を借りる時に作る有価証券のこと。

株式と並列に並ぶ金融商品である。個人投資家にとってあまり馴染み深くないが、機関投資家(大手金融機関)はその資金のほとんどを株式ではなく債券で運用している。

資金調達と言う点では株式と目的は同じだが、株式と違い、債券はあらかじめ利率や満期日などが決められて発行される。
例えば、発行体が倒産するとお金が返ってこないリスクがあることから、債券保有者はその見返りとして発行体から利率で決められた利子を受け取ることができる。
また、通常、債券は100円で発行された場合、期限を迎えると100円で返金される。

債券が発行されてから償還されるまでの流れ

国債を例にとって、債券の発行から償還(=返済)までの動きを具体的に説明する。

利子年率1%、発行価格100円の5年国債を100円で買ったとする。

まず利子年率1%のため、毎年利子として100円の1%である1円を獲得できる。つまり5年間で5円の収入となる。
そして5年後償還を迎えると(=返済期限がやってくると)、国債保有者に100円が戻ってくる。
そのため、この国債購入者は5年間で5円の儲けを得ることができる。

株式との違い

株式は期限などはないことから、誰かに売るしか手放す方法はない。買った時に500円であっても、売る時に400円でしか売れなければ元本割れしてしまう。
一方で、債券は発行体がデフォルト(倒産)しない限り、返済期限にお金が返ってくるため、元本が保証されるという点で株式よりもリスクが相対的に少ない金融商品として認識されている。

« Back to Glossary Index