【毎月更新】各国中銀メンバー&タカ派ハト派マップ

日本・米国・欧州・英国の中央銀行である日本銀行(日銀)・FRB・ECB・BOEのボードメンバーのリストを見ることが出来ます。そして、そのメンバーの投票権の有無や、経済や金融政策に対して誰がハト派なのか、それともタカ派なのかもわかるようにしています。

タカ派・ハト派の判定は管理人であるホルスタインが、そういった要人の発言内容を加味して、適宜変更するという形で運営しています。

アメリカの中央銀行:FRB(Federal Reserve Bank) タカ派・ハト派マップ
ユーロ圏の中央銀行:ECB(European Central Bank) タカ派・ハト派マップ
イギリスの中央銀行:BOE(Bank of England) タカ派・ハト派マップ
オーストラリアの中央銀行:RBA(Reserve Bank of Australia)
日本銀行(日銀):BOJ(Bank of Japan)
(クリックすると各国の中央銀行メンバーの詳細にジャンプします)

タカ派ハト派とは?

タカ派・ハト派をざっくり言うと、

タカ派:金利を上げたがる人(下げたがらない人)
ハト派:金利を下げたがる人(上げたがらない人)

です。中央銀行などの要人が発言を行う際、その発言を行う人物が「タカ派」なのか「ハト派」なのかは非常に重要視されます。

タカ派

タカ派は、タカという肉食の猛禽類のイメージの通り、強硬派を意味します。

政治においては、衝突や武力行使を辞さないようなスタンスのことを表したりもします。相場においては、金融政策を引き締める方向(政策金利を上げるなど)を選好する人をタカ派と言ったりします。

ハト派

一方のハト派は、ハトという平和の象徴である鳥のイメージの通り、穏健派を意味します。

政治においては、平和的な解決を望むスタンスのことを指したりします。相場においては、金融政策を緩和する方向(政策金利を下げるなど)を選好する人をハト派と言ったりします。

そのため、要人発言が予定されている時に、その発言する人物がタカ派なのかハト派なのかを知っておくことは非常に重要だと思います。

タカ派・ハト派マップの使い方

タカ派な要人ならば、金利が上がってしまうような発言を行い、その国の通貨の魅力が上がり買われるようなことが起きる可能性が高く、

ハト派な要人ならば、金利が下がってしまうような発言を行い、その国の通貨の魅力が下がって売られてしまうようなことが起きる可能性が高いと言えると思います。

 

また、ある要人が発言する内容が、

「次の会合で利上げをするべきだと思う」のような、タカ派な発言だったとしても、その人が普段からタカ派な人と認識されているならば、相場は大きく反応しないことがあります。一方で、普段は金利を上げることに慎重になるべきと主張するようなハト派な人物が、同じ発言を行ったならば、その国の通貨が大きく買われることがあります。

 

それは、普段は金利を上げることに消極的な人(ハト派)が、タカ派なことを言ったということで、それだけマーケットに対してサプライズがあったからです。

マーケットで重要なのは、出てきた材料に対して市場参加者がどのように反応を行うかだと思います。それを考える上で、発言を行う要人がタカ派なのか、あるいはハト派なのかを知っておくことはトレードを行う上で強い武器になると思います。

タカ派ハト派マップの変更点

2018/10/01更新しました

2018年10月の変更点(米国:FRB)
・空位だったサンフランシスコ連銀にデイリー氏を追加
・直近の発言を受けてFRBメンバーの タカ派・ハト派の順番を並べ変えた

2018年10月の変更点(欧州:ecb)
・スペイン中銀総裁をリンデ氏から後任のデコス氏に変更
(投票権に関するグループはリンデ氏の時と変更なし)
・直近の発言を受けてECBメンバーのタカ派・ハト派の順番を並べ変えた

2018年10月の変更点(英国:BOE)
・マカファーティー氏が退任、後任のハスケル氏を追加
・直近の発言を受けてECBメンバーのタカ派・ハト派の順番を並べ変えた


米国の中央銀行(FRB)タカ派ハト派マップ
名前役職ハト派
タカ派
2018
FOMC投票権
2019
FOMC投票権
2020
FOMC投票権
名前役職ハト派
タカ派d5>
201820192020
カシュカリミネアポリス1>××
ブラードセントルイス2>××
エバンスシカゴ3>××
カプランダラス4>××
ブレイナードFRB理事5>
ハーカーフィラデルフィア6>××
ボウマンFRB理事6.5>
ボスティックアトランタ10>××
パウエルFRB議長7>
クラリダFRB副議長8>
クォールズFRB副議長9>
デイリーサンフランシスコ10>××
バーキンリッチモンド11>××
グッドフレンドFRB理事12>
ウィリアムズニューヨーク13>
ローゼングリンボストン14>××
メスタークリーブランド15>×
ジョージカンザスシティ16>××
※1 2018年10月現在のデータになります
※2 ハト派タカ派のマークが付いていないメンバーは中立寄りのスタンス
※3 名前をクリックするとボードメンバーの紹介ページ(外部サイト)にジャンプします
2018年10月の変更点(米国:FRB)
・空位だったサンフランシスコ連銀にデイリー氏を追加
・直近の発言を受けてFRBメンバーの タカ派・ハト派の順番を並べ変えた

欧州の中央銀行(ECB)タカ派ハト派マップ
名前役職ハト派
タカ派
投票権
名前役職ハト派
タカ派d5>
投票権
ヴィスコイタリア中銀総裁1>グループ①
デコススペイン中銀総裁1>グループ①
ストゥルナラスギリシャ中銀総裁1>グループ②
プラートECB専務理事4>常に投票権あり
レーンアイルランド中銀総裁4>グループ②
ドラギECB総裁4>常に投票権あり
マクチスロヴァキア中銀総裁4>グループ②
デギントスECB副総裁4>常に投票権あり
ライネシュルクセンブルク連銀総裁4>グループ②
ヴェッラマルタ中央銀行総裁4>グループ②
スメッツベルギー中銀総裁グループ②
コスタポルトガル中銀総裁グループ②
リムシェービッチラトビア中銀総裁グループ②
ビルロアフランス中銀総裁グループ①
バシリアウスカスリトアニア連銀総裁グループ②
ヤズベツスロベニア中銀総裁グループ②
ゲオルガジキプロス中銀総裁グループ②
クーレECB専務理事11>常に投票権あり
リッカネンフィンランド中銀総裁11>グループ②
メルシュECB専務理事11>常に投票権あり
ノットオランダ中銀総裁11>グループ①
ハンソンエストニア中銀総裁11>グループ②
ラウテンシュレーガーECB専務理事11>常に投票権あり
ノボトニーオーストリア中銀総裁16>グループ②
バイトマンドイツ中銀総裁16>グループ①
※1 2018年10月現在のデータになります
※2 グループ①:開催ごとに輪番で、5か国の中から4か国が投票権を持つ。
※3 グループ②:開催ごとに輪番で、14か国の中から11か国が投票権を持つ。
※4 ハト派タカ派のマークが付いていないメンバーは中立寄りのスタンス
2018年10月の変更点(欧州:ECB)
・スペイン中銀総裁をリンデ氏から後任のデコス氏に変更
(投票権に関するグループはリンデの時と変更なし)
・直近の発言を受けてECBメンバーのタカ派・ハト派の順番を並べ変えた

英国の中央銀行(BOE)タカ派ハト派マップ
名前役職ハト派
タカ派
投票権
名前役職ハト派
タカ派
投票権
ラムスデン副総裁4>常に投票権あり
カンリフ副総裁4>常に投票権あり
ブロードベント副総裁4>常に投票権あり
ハスケル委員常に投票権あり
カーニー総裁常に投票権あり
テンレイロ委員常に投票権あり
ブリハ委員11>常に投票権あり
ホールデン理事11>常に投票権あり
サンダース委員11>常に投票権あり
※1 2018年10月現在のデータになります
※2 ハト派タカ派のマークが付いていないメンバーは中立寄りのスタンス
2018年10月の変更点(英国:BOE)
・マカファーティー氏が退任、後任のハスケル氏を追加
・直近の発言を受けてECBメンバーのタカ派・ハト派の順番を並べ変えた

豪州の中央銀行(RBA)タカ派ハト派マップ
名前役職
名前役職
ロウ総裁
デベル副総裁
バルナバ委員
クレイク委員
ガエントス委員
ハーパー委員
モス委員
シュワルツ委員
タンナ委員
※ 2018年10月現在のデータになります
日本銀行(日銀)(BOJ)タカ派ハト派マップ
名前役職任期開始~任期終了リフレ派レベル
名前役職任期開始~任期終了リフレ派レベル
片岡 剛士審議委員2017.7~2022.73
若田部 昌澄副総裁2018.4~2023.42
原田 泰審議委員2015.3~2020.32
黒田 東彦総裁2018.4~2023.42
櫻井 眞審議委員2016.4~2021.32
雨宮 正佳副総裁2018.4~2023.41
政井 貴子審議委員2016.6~2021.61
布野 幸利審議委員2015.7~2020.61
鈴木 人司審議委員2017.7~2022.70
※1 2018年5月現在のデータになります
※2 名前をクリックすると日銀の各メンバーの紹介ページにジャンプします。

※3 他の中央銀行とは異なり、日本銀行政策委員会のメンバーはタカ派・ハト派と表現することは一般的ではない。日銀のメンバーはそのほとんどがリフレ派であることから、リフレレベルという項目で政策スタンスを表現することにした。

リフレ派とは、リフレーション(インフレ率の目標を定めて、国債買入なとを行い積極的に資金供給量を増やして物価を押し上げようとすること)を選好する人達を指す。金融緩和を好むという意味では、タカ派よりもハト派に近いと言えるだろう。