【毎週更新】リアルタイムIMM ポジション / シカゴ先物建玉(CFTC)

今週の主要IMM通貨先物レポート

米国時間5月31日金曜日、5月28日火曜の先物の建玉がCFTCより公表されました。

円ショートは4週振りに増加しました。依然として投機筋のドル円ロングは残っています。

IMM JPY建玉とUSDJPY比較

下落局面が続くポンドは急速にショートを拡大しています。

IMM GBP建玉とGBPUSD比較

原油は価格の下落と共にロングが縮小しています。これで5週連続の縮小となりました。

原油先物建玉と価格比較

反落している米株は再びロングが縮小しています。

S&P500先物建玉と価格比較

CFTC公表 IMM通貨先物建玉 投機筋
※下記表の各通貨(商品)名をクリックするとチャート及び過去のデータを見ることができます。

CFTC公表 IMM通貨先物建玉 投機筋(Non Commercial) 単位:枚
5/31公表(5/28時点)NETポジション先週前週比
円(JPY)-55577-55192-385
ユーロ(EUR)-99691-1011021411
ポンド(GBP)-31996-26152-5844
豪ドル(AUD)-66393-66111-282
カナダドル(CAD)-39423-422362813
NZドル(NZD)-16148-10864-5284
スイスフラン(CHF)-34675-374952820
原油(WTI)438938478398-39460
金(Gold)8668888805-2117
S&P(Emini)92355100755-8400
米国10年債(TY)-376173-42335147178

CFTC公表 IMM通貨先物建玉に関して

IMM通貨先物建玉とは、世界最大の先物取引高を誇るCME(Chicago Mercantile Exchange:シカゴ・マーカンタイル取引所)に上場されている(International Monetary Market国際通貨先物市場)における、各通貨の先物ポジションです。

毎週金曜日の米国東部時間15:30(日本時間だと夏は土曜日4:30、冬は土曜日5:30)に米国の商品先物取引委員会であるCFTC(Commodity Futures Trading Commission)が、その週の火曜日の米国時間終了時点における、IMM通貨先物のロング・ショートそれぞれにどれだけのポジションが積み上がっているのかを発表します。

特に、非商業部門(Non Commercial)のポジションは、ヘッジファンドをはじめとする投機筋が現在、どのようなポジションを構築しているのかを表していて、今後の各通貨価格の方向性を占う意味で、市場参加者に非常に重要視されます。