FXの証拠金とは?その仕組みについて解説【FX超初心者向け】

証拠金とは?

まずFXを始めるためには、取引業者に口座を開設して入金するところから始まります。
この入金したお金のことを証拠金と呼びます。

証拠金は外貨預金とは違う、FXの特徴的なシステムの一つです。

証拠金の預入で手持ち以上の取引が可能に

外貨預金においては手元に持っている分のお金しか取引することはできません。
1万ドルの外貨預金を行なう場合には1万ドルが必要になります。

しかし、FXにおいては1万ドルが手元になくても1万ドルの取引をすることができます。
例えば、1000ドルしか手元になくても、その1000ドルを証拠金として口座に入金すれば、1万ドルの取引を行なうことができます。

そして、預け入れた証拠金以上の取引ができるシステムを「レバレッジ」(てこの原理)と言います。
(ちなみに、なぜ証拠金だけで取引ができるかというと、FXは取引額すべてをやり取りせず、取引で生じた損益分のお金のやりとりをするためです。これを「差金決済」と言います)