レバレッジとは?レバレッジの仕組みとメリット・デメリットを解説【FX超初心者向け】

レバレッジとは?

まずFXを始めるためには、取引業者に証拠金を預け入れるところから始めるわけですが、
預け入れた証拠金以上の取引ができるシステムを「レバレッジ」(てこの原理)と言います。

たとえば、外貨預金を1万ドル分行おうとすると1万ドルを手元に用意しなければいけません。
しかし、FXではたとえ手元に1000ドルしかなくても、その1000ドルを証拠金として預け入れれば、1万ドル分の取引を行なうことができるのです。
これがレバレッジの仕組みです。

お金がなくてもそれ以上の取引ができるなんて魔法みたいです。
なぜわざわざレバレッジなんて仕組みが用意されているのでしょうか?
具体例を挙げて説明してみます。
 

レバレッジの魅力

お金持ちのAくんは月に10万円のお小遣いを貰っていて、全額投資することができます。
一方、普通の家庭のBくんは月に1万円のお小遣いとAくんよりは少ないですが、全額投資することができます。

AくんもBくんも投資を1か月頑張って、なんと10%もの利益を儲けることができました。
(つまり、Aくんは10万円×10%=1万円、Bくんは1万円×10%=1000円の儲け)

結果としては2人とも利回り10%と同等の成果だったのですが、10万円投資したAくんは1万円の利益を得られ、1万円投資したBくんはわずか1000円しか得られませんでした。

このように通常は手元に資金がない人は大きく儲けることが難しいです。
しかし、Bくんがレバレッジの仕組みを利用して(=レバレッジを効かせて)、1万円の証拠金でAくんと同じように10万円の取引を行なえば、1万円儲けることができるようになります。
これがレバレッジの魅力です。

なお、現在の日本では最大で25倍までのレバレッジをかけることができます(個人口座の場合)。
上記の例に適用すると、1万円しか手元にないBくんでも、1万円×25倍=25万円分の取引ができるということです。

レバレッジを効かせることのデメリット

上述のように、レバレッジを効かせて証拠金の何倍もの取引を行なえば、利益もそれだけ大きくなります。
しかし、逆に損失が出た場合も同様に大きくなってしまいます。

Bくんの例をもう一度引き合いに出して説明しましょう。
さきほど、Bくんは1万円投資して10%の儲けが出たため、レバレッジ10倍をかけて1万円の儲けが出ていました。
今度は反対に、1万円投資して10%の損失が出たとします。
レバレッジをかけなければ1万円×10%=1000円の損失で済んだはずが、レバレッジ10倍をかけていたため、なんと1000円×10倍=1万円の損失となってBくんは一文無しになってしまいました!!
(実際は強制ロスカットが行われるため、基本的には一文無しにはなりません)

レバレッジはハイリターンな一方、ハイリスクです。
慣れない間やリスクを大きく取れないときはレバレッジを小さく設定するのが賢明と言えるでしょう。