利上げとは?利上げのメリットと為替に及ぼす影響を解説【FXの基礎知識】

このページでは利上げとは何か、利上げが私たちの生活に及ぼす影響、利上げの目的、利上げと為替の関係について色々と解説します。

利上げが経済に影響を与えることは分かっていても、なぜ、どのような意味があって利上げが行われるのか知りたい方はぜひご一読ください。

利上げとは?

利上げとは、日銀や米国FRBなど各国の中央銀行が 政策金利 を引き上げることを言います。
世の中の様々な金利は 政策金利 の動きと相関があります。

そもそも、金利を上げることには物価の上昇を抑える効果があり、各国の中央銀行は物価の上がりすぎ(悪いインフレ)を防ぐために利上げを行います。
つまり、利上げが行われるためには、その国の物価が上昇基調にあり、経済状況が好調でなくてはいけません。

逆に言えば、経済状況の良し悪しやその他経済に影響を及ぼす要因によって、利上げする可能性は日々変わっていきます。
そのため、各国の中央銀行が利上げを行うかどうかの確率を数値で表す、利上げ予想確率(利上げ織り込み、利上げ織り込み度)というものが存在します。

利上げが私たちの生活に及ぼす影響

利上げとは、各国の中央銀行が 政策金利 を引き上げることであり、世の中の様々な金利は政策金利の動きと相関関係があるということでした。
では、利上げすると、私たちの生活にどのような影響を与えるのでしょうか?

結論から言うと、私たちの消費意欲が減衰して、物価が上がりづらくなってしまいます!

具体例を出して説明します。
仮に、車を買い換えたいAさん(家族構成:妻、子供2人)が250万のプリウスを新車で買うとしましょう。
Aさんは手元にまとまったお金がないので、自動車ローンを組んでプリウスを購入しました。
そして、銀行から金利の年率3%、返済期間5年でお金を借りることができました。

こうして、ボーナス払いは無しでちょこちょこっと計算すると、毎月の返済額は45,000円でした。
結果、返済総額は270万円となり、金利部分で20万円の支払いでした。

では中央銀行が利上げをして、世の中の様々な金利が上昇してしまったとします。
自動車ローンの金利も上がってしまい、銀行が7%じゃないと貸さないよ!とAさんに言ってきました。
先ほどと同じくちょちょいと計算してみると、毎月の返済額は49,500円、返済総額は297万円、金利部分で47万円の支払いとなってしまいました。

お子さんたちの習い事のため、お父さんのお小遣いを減らしながら日々家計をやりくりしている一家にとって、毎月約5000円の出費は非常に痛いです!
そうなると、プリウスじゃなくてアクアにしようか、中古車にしようか、それとも車を買い換えるのは諦めようか…、と消費に対してネガティブになってしまいます。

今は個人のAさんを例に出しましたが、企業が借金をして設備投資をする場合なども同じで、結果的に世の中全体でお金が消費されづらくなってしまいます。

また、金利が上昇するということは、国債や社債などの債券の金利も上昇します。
つまり、利上げをすると利上げ前に比べて債券投資の旨みが増えるため、商品を購入をするより投資にお金を回す人が増えます。
結果、先ほどと同じく、消費がされづらくなってしまうのです。

こうして、私たちの消費意欲が減衰すると、企業は商品やサービスの値段を上げづらいですし、場合によっては値段を下げてでも売るしかありません。
このように、利上げには私たちの消費意欲が減衰させ、物価の上昇を抑える効果があるのです。

中央銀行が利上げをする目的

前述のとおり、利上げによって金利を上げると、物価の上昇を抑えることができます。
物価の上昇を抑えるというのは、モノの価格(商品やサ-ビスの値段)が上がりづらくなるという意味です。

そうすると売上高も上がりづらくなるので、ひいては私たちのお給料もあまり上がらなくなってしまいます。
私たちのお給料が上がらないとさらにモノは買われなくなります。こうして景気は冷えてしまうのですが、なぜ中央銀行はわざわざ景気を冷やす利上げをするのでしょうか?

答えは、景気が良すぎる(景気の過熱)と問題が起きてしまうため、景気の過熱を抑える必要があるからです。

景気の過熱はなぜよくないのか?

景気が過熱すると、1980年代後半の日本のバブル期のようにモノの価格がどんどん上昇してしまいます(悪いインフレ)。
そうすると、国民にとって色々とよくないことが起きてしまうのですが、詳細は別記事に書きましたのでそちらをご覧ください。

物価と為替の関係/物価が経済に与える影響を解説【経済の基礎知識】

とにもかくにも、各国の中央銀行は物価の上がりすぎ(悪いインフレ)を防ぐために利上げを行うのです。

利上げすると為替はどうなる?

このようにして利上げには物価を抑える効果があるのですが、利上げは為替にも影響を与えます。
結論だけ言うと、利上げすることで、基本的には利上げした国の通貨が買われるのですが、こちらの詳細も別記事に書きましたのでそちらをご覧ください。

【FXの基礎知識】金利と為替の相関関係