BitTrade(ビットトレード)のメリット・デメリット

最近、仮想通貨市場はますます賑わいをみせており、多くの人が市場に参入し始めています。

今回は、仮想通貨の取引所の一つであるBitTrade(ビットットレード)についてその特徴をご紹介します。

BitTradeとは?

BitTradeは2016年からサービスの提供を開始した仮想通貨取引所で、規模の小さい会社ではありますが、金融庁の仮想通貨交換業者に登録が完了しており、安心して利用することができるといえます。取り扱い通貨は6種類でリップルやモナコインの取り扱いがある点に特徴があります。

 

運営会社情報

  • 会社名:ビットトレード株式会社
  • 住所:東京都港区三田2-11-15 三田川崎ビル4階
  • 設立:2017年9月12日
  • 代表取締役:閏間 亮
  • 資本金:5,100万円
  • 金融庁:登録あり

 

取り扱い通貨

BTC

ETH

XRP

BCH

LTC

MONA

 

 

 

BTC:ビットコイン
ETH:イーサリアム
XRP:リップル
BCH:ビットコインキャッシュ
LTC:ライトコイン
MONA:モナコイン

 

各種手数料

入出金手数料

銀行入金手数料 お客様負担
銀行出金手数料 648円
BTC預入手数料 無料
BTC引出手数料 0.001 BTC(※1)
XRP預入手数料 無料
XRP引出手数料 0.15 XRP(※1)
LTC預入手数料 無料
LTC引出手数料 0.001 LTC(※1)
ETH預入手数料 無料
ETH引出手数料 0.005 ETH(※1)
MONA預入手数料 無料
MONA引出手数料 0.001 MONA(※1)
BCC預入手数料 無料
BCC引出手数料 0.001 BCC(※1)

 

取引手数料

メイカー(※1) テイカ―(※2)
BTC/JPY 0.2%(※3) 0.2%(※3)
XRP/JPY 0.25%(※3) 0.45%(※3)
LTC/BTC 0.30%(※3) 0.70%(※3)
ETH/BTC 0.20%(※3) 0.25%(※3)
MONA/JPY 0.30%(※3) 0.70%(※3)
MONA/BTC 0.30%(※3) 0.70%(※3)
BCC/JPY 0.30%(※3) 0.70%(※3)
BCC/BTC 0.30%(※3) 0.70%(※3)

 

BitTradeのメリット

 

取引所のためレートが良い

仮想通貨を安く買うには、販売所ではなく、『取引所』を利用するのがベストです。販売所より取引所のほうが安く買えることが多いです。売る場合はその逆になります。

国内取引所は、現時点で6社あり、BitTradeは、そのうちの一つです。取り扱い通貨、全て取引所で売買できます。

また、リップル(XRP)、モナコイン(MONA)に関しては、数少ない取引所になります。

 

大半の通貨がコールドウォレットにて保管

BitTradeは、仮想通貨の管理にマルチシグ(複数署名)によるホットウォレットとコールドウォレットを導入しており、大半の通貨がコールドウォレットに保管して管理されています。

また、コールドウォレットは完全なオフライン環境によるマルチシグで管理されています。このコールドウォレットは外部のネットワークから完全に隔離されており、仮想通貨を移動させるためには隔離環境で複数人が別々に電子署名を行う必要があります。

ホットウォレットとは、ネットに常に接続されている仮想通貨ウォレットのことですが、ビットトレードは、ビットコインセキュリティ専門企業のBitGoと提携し、秘密鍵を物理的、仮想的に分散させた形で電子署名を行うことで、ビットコイン引き出しを安全で安定した状態で提供できるようにしています。

 

仮想通貨はインターネットに接続されているという特性上、どのような対策をしても完全に安全ということは言えませんが、BitTradeではリスクを最小限に抑えるよう努力と改善を行っているとホームページ上でも明記しており、セキュリティー面に関する意識の高さがうかがえます。

 

トレーダー向けとなっておりテクニカル分析が可能

5分足、15分足、1時間足、日足などでチャートを見ることが出来ます。また、インジケータも多数入っており、トレンドラインを引くことも可能です。

 

指値注文が可能

売買の方法には、成行注文と指値注文があり、BitTradeは、指値注文が出来ます。

指値注文とは、買うもしくは売る値段を指定して注文する方法です。売買を予約しておくので、チャートを見れない会社員やチャートが気になってしまう方にとっては、おすすめの売買方式です。

 

ビットトレードのデメリット

 

販売所でないため売買に待つ場合がある

買いたい値段、または売りたい値段に取引相手が存在しないことがあります。すると、相手を待つことになります。相手が見つからなければ、いつまで経っても指定した値段で取引が約定(成立)することはありません。

 

初心者には使いにくい画面

現状、BitTradeにはアプリ対応していなく、売買やレートを見る際はウェブサイトにアクセスするしかありません。

また、取引画面がトレーダー向けに作られているため、投資をしたことがない人にとっては慣れるまでに時間がかかるかもしれません。

 

BitTrade