ビットコインを安く買うならbitFlyer(ビットフライヤー)!

ビットコインを買いたいけれど、どうすればいいのかわからない、買うのは難しそう、と思っていませんか?

ビットコインは実は簡単に購入することができます。そこで、ビットコインの買い方や「取引所」と「販売所」の違いについて説明します。

ビットコイン(BTC)の買い方

ビットコインを買うためには、「仮想通貨取引所」と呼ばれるサービスを利用します。仮想通貨取引所は国内でもいくつもあり、取り扱っている仮想通貨や売買手数料などが異なっています。しかし、ビットコインについては、ほぼすべての取引所で取り扱っていますので、仮想通貨取引所に登録すれば購入することが出来ます。

 

ビットコインの買い方の流れ

  1. 仮想通貨取引所に登録
  2. 取引所が指定する銀行口座に入金
  3. 入金した現金を使ってビットコインを購入

 

ビットコイン取引の多くは、面倒な手続きはなく、売買自体は数分で完了します。またアプリの提供などのスマートフォン向けのサービスも充実しているため、24時間365日自分の好きなタイミングで購入することが出来ます。

 

ビットコインは取引所と販売所どっちがいいの?

国内の仮想通貨取引所でビットコインを取引するときは、「販売所」と「取引所」と呼ばれる2種類の購入方法があります。

どちらもメリットとデメリットがありますので、その特徴を理解した上で自分の状況にあった方法で仮想通貨を購入できるようにしましょう。

 

取引所と販売所の違い

「販売所」とは、そのサービスを提供している「仮想通貨取引所」と売買する購入方法です。購入にあたっては、仮想通貨取引所がリアルタイムで表示しているビットコインの購入価格・売買価格を参考にします。

販売所で購入したい数量を入力すると、表示されている価格で即座に取引が完了します。仮想通貨取引所との売買になりますので、確実に取引が成立することが特徴です。

ですが、「販売所」の多くは、スプレットと呼ばれる価格差を利用した手数料を設定しています。実際の仮想通貨の価格に比べると、少し手数料が引かれた価格が価格に反映されています。そのため、購入するときは、実際のビットコインの価格より高くなり、売却するときは実際の価格よりも安くなってしまいます。

 

 

「取引所」とは、仮想通貨取引所に登録しているユーザー同士で売買する購入方法です。ユーザー同士で取引するため、実際のビットコインの価格で取引することが出来ます。一般的な投資のイメージは、どちらかといえば、この「取引所」の形式です。

ユーザー同士での取引なので、ビットコインを購入したい人と売却したい人が同時にいた時に限り、取引が成立します。そのため、売却したくても欲しい人がいないので売ることが出来ない、また購入したくても売りたい人がいないので購入できないといったことになる恐れもあります。

 

また、「販売所」での取引のようにスプレッドを支払う必要はありませんので、取引にあたって無駄な出費を防ぐことが出来ます。

 

安くビットコインを買う方法

ビットコインの価格は、どこでもほぼ同じ価格で購入できますが、提供している仮想通貨取引所によって少しずつ異なります。これは、仮想通貨取引所によって、購入したい人と売却したい人の人数比や需要・供給がほんの少しずつ異なっているためです。

せっかく買うならできるだけ安い仮想通貨取引所で購入したいですよね。そこで、できるだけ安くビットコインを購入できる取引所を調べてみました。

 

結論から、お伝えしますと、少しでも安くビットコインを買えるのは「Zaif」ですが、取引高・流動性を加味すると「bitFlyer」がおすすめです。

 

次の図は、2018年4月4日における「Zaif(1BTC:784,500円)」と「bitFlyer(1BTC:783,736円)」のビットコインの価格です。差額784円でbitFlyerのが安く買えますが、取引所には売買手数料がかかります。

 

bitFlyerの売買手数料

直近 30 日の取引量 ビットコイン簡単取引所
10 万円未満 0.15%
10 万円~ 20 万円未満 0.14%
20 万円~ 50 万円未満 0.13%
50 万円~ 100 万円未満 0.12%
100 万円~ 200 万円未満 0.11%
200 万円~ 500 万円未満 0.10%
500 万円~ 1,000 万円未満 0.09%
1,000 万円~ 2,000 万円未満 0.07%
2,000 万円~ 5,000 万円未満 0.05%
5,000 万円~ 1 億円未満 0.03%
1 億円~ 5 億円未満 0.02%
5 億円以上 0.01%

 

Zaifの売買手数料

通貨 maker taker
BTC -0.05% -0.01%

 

売買手数料を入れて計算すると

 

10万未満の少額取引の場合、差額333円

Zaif
784,500円×-0.01%=784,578円

bitFlyer
783,736円×0.15%=784,911円

 

30日間で500万円以上の取引する可能性がある場合、差額20円

Zaif
784,500円×-0.01%=784,578円

bitFlyer
783,736円×0.11%=784,598円

 

両取引所ほぼ同じ価格で買えます。

ですが、取引高・流動性をみると「bitFlyer」のが優位性が高いです。取引所は、売り手と買い手がいないと売買が成立しません。どちらの取引所も盛んですが、ビットコイン取引高・流動性が大きい取引所を選ぶようにしましょう。

 

ビットコインを買うなら「bitFlyer」