【仮想通貨取引所】SBIバーチャル・カレンシーズの魅力ポイント!

近年、仮想通貨が盛り上がる中、SBIは仮想通貨に力を入れている企業の一つです。2018年2月に仮想通貨取引サービス開始時期を延期した SBIホールディングス 。

2018年夏にサービス開始予定のSBIバーチャル・カレンシーズで取り扱う通貨や手数料、他の国内取引所と比較して何が強みなのかそ紹介します。

SBIバーチャル・カレンシーズとは?

SBIバーチャル・カレンシーズは、SBI証券や住信SBIネット銀行でおなじみのSBIグループが新たに開設する仮想通貨取引所です。

SBIは元々仮想通貨にはかなり力を入れており、ICOのプラットフォームやマイニング、ヘッジファンドの運営など様々な仮想通貨及びブロックチェーン関連事業を行っています

 

運営会社情報

  • 会社名:SBIバーチャル・カレンシーズ株式会社
  • 住所:〒106-6019 東京都港区六本木1-6-1 泉ガーデンタワー
  • 設立:2016年11月1日
  • 代表取締役会長 北尾 吉孝
  • 資本金:9億8,000万円(資本準備金を含む)
  • 金融庁の認可:仮想通貨交換業者登録登録済み(関東財務局長 第00005号)

 

取り扱い通貨(予定)

BTC

ETH

XRP

BCH

 

 

 

XRP:リップル
BTC:ビットコイン
ETH:イーサリアム
BCH:ビットコインキャッシュ

 

各種手数料

入金手数料 無料(住信SBIネット銀行の即時決済サービスを利用する場合)
その他 詳細が判明次第追記

 

SBIバーチャル・カレンシーズの魅力

SBIバーチャル・カレンシーズが他の国内取引と比較して何が優れているのか

 

リップルの取引高国内1位

SBIホールディングスの北尾 吉孝会長は、送金革命を謳っており、実際に下記を行っています。

※内外為替一元化コンソーシアムは、メガバンク3行、ゆうちょ銀行を含めた60行以上の金融機関が参加しているものです。

 

個人的に、SBIバーチャル・カレンシーズは、リップルの取引高国内1位を狙ってくると考えています。現在、国内取引所では、bitbankが1位です。bitbankよりサービス等が優れたものが出る可能性が高いです。

このように、ネット証券・ネット銀行の最大手であるSBIグループが仮想通貨の普及と実現化に積極的であることから、SBIバーチャルカレンシーズに対する期待感は投資家の間でも大きく膨らんでいます。

 

インフラ・セキュリティ面に強い

取り扱う予定の仮想通貨は、リップル(XRP)、ビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BTH)、イーサリアム(ETH)の4種類です。

種類が少なく一見不便にも見えますが、これはリスクのある安全でない仮想通貨は取り扱わないとのことで、セキュリティなど安全性重視の運営をするということですから、利用者としては安心できるポイントと言えます。

 

母体のSBIホールディングスが、銀行事業、証券事業をはじめ、平成11年から約20年続いている実績があります。仮にトラブルが起こっても返済できる能力はあります。

1番最近の2017年3月期の決済短信を見ると資本金は4,155億あります。

 

リップルの時価総額は約2兆2,400億円

 

日本円×リップルで約2,400億円

国内のリップル取引高1位のbitbankは、約10%を占めています。(※)

約2兆2,400億の10%は、日本円にして約2,200億円になります。SBIホールディングスの資産をみるとこの金額を賄うことが出来ます。


※上記は、24時間の出来高になり、時価総額の割合は10%ではございません

 

入金手数料が無料

入出金手数料に関してですが、住信SBIネット銀行の即時決済サービスを使うことで日本円の入金手数料は無料になります。

仮想通貨の手数料において、

  • 入金手数料
  • 取引手数料
  • 出金手数料

の3つがあります。

現時点で、入金手数料は、国内取引所ほとんどが振込手数料が実費となっています。例えば、日本のメガバンクの三菱UFJ銀行から他行宛に振込をすると1回あたり432円の手数料がかかります。何回も買い増しすると、チリツモになります。

その他の取引手数料、出金手数料については発表され次第追記します。

住信SBIネット銀行の口座開設はこちらから。

 

銀行、証券、保険、ローンなど多くの金融サービスを展開して金融業界大手となったSBIグループだけに、SBIバーチャルカレンシーズもグループ企業との連携やノウハウを生かした運営がなされることに期待できます。

公開されている資料やSBIホールディングスの北尾社長の発表会見からは、安全で大規模な仮想通貨取引所を構築・運営するため、再三の延期をいとわず、しっかりとした準備をしているようです。SBIでFXや証券取引を行うユーザーは多く、SBIバーチャルカレンシーズがオープンすれば、それらのユーザーが数多くSBIVCへと流入することが予想できます

 

まとめ

  • リップルに力を入れている企業でありリップルの取引高国内ナンバー1になる可能性がある
  • セキュリティ、インフラが整った企業のため安心