【3/26-30の仮想通貨】今週のまとめと相場予測

一橋大学卒。欧州系投資銀行所属、金利・為替トレーダー。

また、個人で2016年より仮想通貨を保有しています。Twitterで色々発信しています。(@c_p_t_k_d

仮想通貨市場

 

引き続き規制強化の流れを受けて仮想通貨は下落、引き続き反発して上昇するのは難しいだろう

 

今週の仮想通貨市場は、ビットコインが年初来安値を更新して、70万円付近まで大きく下落する流れになりました。

先週、Google上で、仮想通貨関連の広告を全面禁止にする事が発表されたが、今週はTwitterが広告仮想通貨関連の広告を禁止することを発表しました。更に、3月に入り、SNSをはじめとする多くの情報媒体で、仮想通貨に関わる広告の規制が強まっています。

 

昨年の仮想通貨の上昇は、新規参入者が購入することによって支えられていました。しかし、2018年になってからは昨年とは異なり、新規で仮想通貨をはじめる人の人数がデータの取れた日米だけを見てみても、昨年の1カ月当たりの平均人数の半分にも満たないような数字になっています。

新規で仮想通貨を始める人間は、当然、足元上昇している局面でない限りは増える訳はないだろうと考えています。昨年のように、まわりで仮想通貨を買っていて、その恩恵を受けている人を身近に感じたりする時にはじめて、新規参入・購入へと動くだろう。

そう考えると、しばらくの間は新規参入者は増えにくい環境にいることはかわりは無く、こういった状況は、仮想通貨の上値を重くする要因となり、引き続き、先週末に述べたように、足元は各国、仮想通貨に関する規制を強化する方向に動いていることから、急反発は難しいだろう。

 

最終的に、ビットコインをはじめとする主要な仮想通貨は、上昇していくとは考えているものの、すぐに上昇する可能性は低いと思うため、今は保有しているポジションを縮小するなりして、購入に動く時間帯ではないと考えています。