仮想通貨の種類や特徴!時価総額上位10位を紹介!

最近、巷で話題になっている仮想通貨。仮想通貨には、数多くの種類があるのはご存知でしたか。2018年2月現在で仮想通貨は1,000種類以上あると言われています。

その中から今回は、時価総額上位10位の仮想通貨をご紹介します。(2018年2月現在の順位になります。)

仮想通貨(暗号通貨)の種類

仮想通貨とは、インターネット上で取引される通貨のことです。実際に目で見えるものではありません。

仮想通貨の使用用途種類は、大きく3つに分かれます。

  1. 投資
  2. 送金
  3. 決済

 

仮想通貨時価総額ランキング上位10位

下記は、仮想通貨時価総額上位10位になります。

 

1位:ビットコイン(BTC)

ビットコインは、時価総額、取引量ともに世界一の仮想通貨です。 ビットコインは後発のアルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨)より送金速度や手数料など性能面で劣ることが多いです。

しかし、時価総額、取引量ともに世界一の仮想通貨であるビットコインは、仮想通貨取引の基軸通貨としての役割があります。 そのため、ビットコインの価格変動がアルトコインの価格に影響を与えるという特徴を持っています。

 

 

2位:イーサリアム(ETH)

イーサリアムは1,000以上の仮想通貨の中でもビットコインに次ぐ時価総額第2位の通貨です。

イーサリアムにはブロックチェーン技術を活用したスマートコントラクト技術が組み込まれています。 スマートコントラクトとは、イーサリアム上で交わされるデジタルな権利や契約のことです。 特定の誰か(中央管理者や仲介業者)を介さずに契約などができるようになるため、少ないコストでデジタルな権利や契約を実現できるようになります。

イーサリアム(ETH)が人気の理由、イーサリアムクラッシュと何が違うの?

 

3位:リップル(XRP)

リップル(XRP)は送金速度などの性能が他のアルトコインに比べて優れており、迅速かつ低コストで国際送金を行なうことができます。 リップルが確立すれば現在の10分の1以下の手数料で24時間365日いつでも国際送金できるようになると言われています。

その機能性が注目され、三菱UFJフィナンシャルグループを始めとする国内外の多くの大手金融機関とも提携しているため、将来の実用化が期待できるアルトコインです。

仮想通貨リップル(XRP)とは?何故人気?

 

4位:ビットコインキャッシュ(BCH)

ビットコインと名前が似ていますが異なる仮想通貨です。 スケーラビリティ問題(※)を解決するため、ビットコインから分裂して誕生しました。

ビットコインのブロックサイズは1MB(メガバイト)ですが、ビットコインキャッシュは8MBです。取引量増加に対応するには、「ブロック」と呼ばれる取引を記録するスペースの容量を増やすか、少ないデータの記録で済むよう改良するかの2通りの方法があるが、 どちらの方法にするかで意見の衝突があったため、容量を増やす方法を採用したビットコインキャッシュが新しく誕生した。

そのため、ビットコインよりも取引処理速度が速くなりました。また、ビットコインに比べてマイニングしやすいという特徴も持っています。

※ビットコインの取引量が増加したことでビットコインの送金や決済に時間がかかってしまう問題

ビットコインキャッシュ(BCH)が人気の理由!安く買える取引所を紹介!

 

5位:ライトコイン(LTC)

ビットコインと基本的な仕組みはほぼ同じですが、「ビットコインを金と例えるなら、ライトコインは銀を目指す」というコンセプトで開発されているアルトコインです。 つまり、ビットコインと比べて日常的な利用がしやすい通貨ということです。

ブロックの承認時間を2分30秒とビットコインの承認時間(10分)より短くしているため、ビットコインと比べて約4倍の速さで決済が可能です。

実際、2018年にはLitePay(ライトペイ:クレジットカード決済端末のライトコイン版)やLitePal(ライトパル:PayPalのライトコイン版)と言った生活に密接するサービスを展開を予定しています。

他にも通貨の発行量上限がビットコインの4倍である8,400万LTCであったり、利用しているハッシュ関数がScrypt(ビットコインはSHA-256)であるといった違いがあります。

ライトコイン(LTC)とは?他の通貨と何が違う?ライトコインが人気の理由!

 

6位:ネオ(NEO)

ネオは中国版のイーサリアムといえる仮想通貨で、イーサリアムと同じくスマートコントラクトを搭載したプラットフォームです。

DBFT(ビザンティン耐障害性コンセンサスメカニズム)を始めとするネオ独自の技術を採用しています。 DBFTではビットコインのPoW(Proof of Work)と異なり、計算能力の高くないマイナーやNEO保有者にも利点があります。

また、処理速度も約1,000件/秒とビットコイン(約7件/秒)を圧倒しており、送金・決済に時間がかかりません。

他にも、ネオは「JavaScript、Python、.NET、C、C#、C++、GO」などプログラマーにとっては慣れ親しんだ様々なプログラミング言語に対応しています。 つまり独自のプログラミング言語(Solidityなど)を採用しているイーサリアムに比べて、開発・採用されやすいプラットフォームといえます。

中国版イーサリアム・ネオ(NEO)とは?日本の取引所はある?

 

7位:カルダノエイダコイン(ADA)

エイダコイン(ADA)とは、カルダノ(Cardano)と呼ばれるオープンソースの分散型プラットフォーム上で使われる通貨です。

エイダコインは当初、オンラインカジノやゲーム用のコインとして開発されていました。 しかし、カルダノがその性能の良さからゲームを超えた汎用的なプラットフォームを目指すようになり、エイダコインも実社会で法定通貨と同じ役割を持つことを期待されて存在感や価値が高まっています。

カルダノプロジェクトの一部を担う株式会社Input Output HK(IOHK)が東京工業大学など世界有数の大学と提携するほか、学術的な論文をベースに開発を行なっています。 そのため、学術的・論理的に開発がすすめられており、高いレベルのセキュリティや機能を有したプラットフォームとなることが期待されています。

 

8位:ステラ(XLM)

ステラ(Stellar Lumens)は、世界中のお金をスムーズに送金・決済できるようことを目的に作られたプラットフォームです。 リップルをベースに、リップルを開発したジェド・マケーレブ氏を中心としたプロジェクトから生まれています。

ステラは個人をターゲットとして、個人の利用を目的としています。そのため、個人が扱う小口の送金・決済に特化しており、少額であれば取引スピードはリップルよりも優れています。

ステラ(XLM)は個人間の送金に便利!リップルとどのくらい違う?

 

9位:イオス(EOS)

日本ではあまり馴染みがありませんが、世界的格付機関であるWeiss Ratingsが仮想通貨では現状の最高評価であるB評価を与えるなど海外では非常に人気の高いアルトコインです。

そもそもイオスとはスケーラビリティ問題の解決を目指す分散型アプリケーションプラットフォームのことであり、現在取引されている通貨イオスは将来そのプラットフォーム上で使用できるコインの引換券のようなものです。

DPOS(Delegated Proof of Stake)という承認システムを採用しており、これによってユーザーや取引量の増加があったとしても遅延を起こさず、しかも手数料を払うことなくプラットフォームを利用できるようになります。

10位:アイオータ(IOTA)

アイオータはIoT(モノのインターネット(※))に導入することを目的に開発された仮想通貨です。 IoTの実現のためにはコストやセキュリティにおいていくつか問題があるため、その問題の解決を図るべくアイオータは開発されています。

アイオータはIoTに導入することを目的に開発されているため、Tangle(タングル)という独自の技術を採用しています。 Tangleを使って通信することで、IoTデバイス間の小さなデータ取引にかかる小さな額の取引手数料を削減してコストの問題を解決することができます。

また、PoW(Proof of Work)というブロックチェーンでおなじみの技術を利用することで、安全なセキュリティを担保しています。

※IoTとは様々なモノとインターネットを繋げることで生活を便利にするといった仕組みのこと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です