ライトコインが人気の理由!ライトコインを安く買う方法

2008年にビットコインが誕生して以来、現在800~1000種類もの仮想通貨が存在すると言われています。

ビットコイン意外の仮想通貨は総称して「アルトコイン」と呼ばれおり、そのアルトコインの中でも現在は「イーサリアム(ETH)」や、「リップル(XRP)」、「ライトコイン(LTC)」といったコインが人気で、仮想通貨全体の中で大きなシェアを占めています。

今回はその中でも2017年に急成長を果たした「ライトコイン(LTC)」についてご紹介していきたいと思います。

ライトコインとは?

ビットコインは「金」と同様の価値があり、現在最も人気の高い仮想通貨ですが、それに対してライトコインは「銀」という位置付けで誕生しました。

「銀」なので金(ビットコイン)と比べて埋蔵量が多く設定されており、発掘(マイニング)や取引の負担が軽減されています。ビットコインよりかは希少性が低いのですが、送金にかかる時間が非常に早く、流通の場面で多く活躍できるコインです。

 

ライトコイン(LTC)の基本情報

通貨名(通貨単位)
ライトコイン(LTC)

公開日
2011年10月7日

日本の取引所
bitbankBitTrade

日本の販売所
bitFlyerGMOコイン、DMM Bitcoin、BITPoint、QUOINEX

海外の取引所
Binance、Bitfinex、Kraken、Poloniexなど

 

ライトコインが人気の理由

ライトコインは、ビットコインの問題点をうまくカバーした第2のビットコインと言われています。

 

セキュリティが強い

ライトコインは、ビットコインのブロックチェーン技術をそのまま利用しているので、ハッキングなどの被害は受けにくく、セキュリティの面では非常に安心感が持てます。

 

送金スピードが早い

例えばビットコインの1取引にかかる時間は数時間かかる場合があるのに対して、ライトコインは10分ほどで送金が完了し、非常にスピーディーな取引が可能です。

 

送金手数料が安い

ビットコインの送金手数料は1取引約600円だったのに対し、ライトコインは約5円にまで抑えることに成功しています。

 

ライトコイン(LTC)の購入方法

国内でライトコインが購入できる取引所は、以下7社です。

 

安く買うならbitbank