Cardano(カルダノエイダコイン)が人気の理由!日本の取引所はある?

Cardano(カルダノエイダコイン)についてお話しします。

Cardano(カルダノエイダコイン)とは?

仮想通貨の市場を賑わせている「Cardano(カルダノエイダコイン)」は2016年に発売しましたが公開されずにいました。公開しない事に対して批判が集中した結果、「Cardano(カルダノエイダコイン)」は公開に至りました。公開時は一瞬で40倍の値を上げました。

カルダノ・エイダコイン(Cardano ADA)」は、「カルダノ」というカジノゲームプラットフォーム内で利用・発行される仮想通貨です。

ADAコインは、時価総額2位の「イーサリアム」の開発に携わった「仮想通貨の第一人者」とも言われているチャールズ・ホスキンソンさんにより手掛けられた仮想通貨で、元来2016年12月に公開予定だった「Cardano(カルダノエイダコイン)」は、長い延期を経て2017年9月29日に一般公開されました。

取引所での売買開始は2017年10月2日にスタートしたばかりで取引が開始されて半年です。「仮想通貨の第一人者」のチャールズ・ホスキンソンさんが手掛ける仮想通貨ですので注目度は非常に高位で、既に仮想通貨業界では話題の仮想通貨となっているのです。一般的には「Cardano(カルダノエイダコイン)」と称されていますが、「ADAコイン」「カルダノ」と略称で通用します。

 

Cardano(ADA)の基本情報

通貨名(通貨単位)
Cardano(カルダノ)(ADA)

公開日
2015年9月

日本の取引所
現時点でなし

海外の取引所
Binance、Bittrex、Upbit、Coinnest、HitBTC、Bitt、Cryptopia

 

Cardano(カルダノエイダコイン)が人気の理由

「Cardano(カルダノエイダコイン)」は、日本では取引を仲介する企業はありません。

しかし世界では、取引を仲介する企業があります。「Cardano(カルダノエイダコイン)」のチャートでは前日比から最高値で80%を高騰した時期があります。「Cardano(カルダノエイダコイン)」が高騰した理由は、取り扱いしている仲介企業が少なく、インターネット上で「法定通貨建てで取引不可能な仮想コインがどうして時価総額100億円になったのか?」「市場が後押しをしている?」「大手の投資家が参画している?!」の趣旨の情報が高騰を呼び込んだと言われています。このように取り扱いしている仲介企業が少ないために、真偽が不明瞭な情報でも価値が激変することが好まれると言われています。