Counterparty(カウンターパーティー)とは?トークンって何?

2017年は仮想通貨元年と言われ、代表的な仮想通貨であるビットコインは大きく値をあげました。

またビットコイン以外の仮想通貨であるアルトコインも大きく価格を上昇させ、「億り人」と呼ばれる資産1億円を達成した投資家を続出させました。 価格上昇が激しく一攫千金を狙えるとしてアルトコインへの投資の人気に火がついています。

その中でもカウンターパーティーと呼ばれるアルトコインは、これまでの仮想通貨にない特性を備えており今後も伸びが見込まれています。ここでは仮想通貨カウンターパーティーについてご紹介します。

Counterparty(カウンターパーティー)とは?

カウンターパーティーは、ビットコインのブロックチェーンを基盤とする分散型金融プラットフォームです。プラットフォーム内で使用できる通貨はXCPです。

 

カウンターパーティーの基本情報

通貨名
カウンターパーティー(Counterperty/XCP)

公開日
2014年1月

日本の取引所
Zaif

海外の取引所
Poloniex、Bittrex

 

カウンターパーティーの最大の特徴は、独自の通貨であるトークンを発行できる仮想通貨であるということです。カウンターパーティーの承認方式は、Proof of Burnと呼ばれます。誰も引き出すことができない仮想通貨の口座であるウォレットにビットコインを送金し、実質的に使えなくします。その代わりとしてトークンを発行することができます。送金されたビットコインは使うことができませんので、送金された分の価値が発行されるトークンに付与されることになります。

 

また、ビットコインベースの仮想通貨であることから、ビットコインの影響を大きく受けます

例えばビットコインがここまで積み上げてきた高いセキュリティ技術により送金や決済は確実に履行させることができます。一方で、ビットコインの価格の上げ下げをカウンターパーティーはもろに被ります。

加えてビットコインの承認時間が10分間であることから、XCPを使用して承認されるまでにも同じように10分間かかることになります。ビットコインと非常に高い連動性を持つことになるために、価格の安定という側面からは現段階では不利であると言えます。

 

カウンターパーティーが人気な理由

カウンターパーティーが人気であるのは、その特性である独自のトークンを発行できるというところにあります。

トークンは仮想通貨の世界においては、株式のようなものです。これまで視覚化できなかったものにトークンという形で目に見えて数値化できるのです。 トークンを保有してくれた人に対して配当を渡したり、特典を渡したりすることができます。この制度を利用すれば、個人でも比較的簡単に資金を集めることができます。これはまさしく ICO( Initial Coin Offering)と同じようなメリットがあります。ICOでは独自のブロックチェーン技術に基づく仮想通貨の発行が要求されますが、カウンターパーティーのトークン発行ではその必要はありません。トークン自体はビットコインベースの仮想通貨であるので、新しくブロックチェーン技術を開発する体力がない個人にとっては非常に便利であると言えます。

 

カウンターパーティーの今後

カウンターパーティーを利用したトークンの発行はこれまでに多数行われています。

代表的なものでは、Zaifトークン、ペペキャッシュ、ビットコインクリスタル、FISCOトークン、CAICAトークンなどです。

このうちのいくつかは企業が資金調達の手段として既に利用しています。このように実際の需要が発生しており今後もその成長が見込まれる仮想通貨は、今はその価値が低くてもだんだん多くの人に利用されるようになり、結果的に数十倍や数百倍の価値を持つ可能性があります。

 

カウンターパーティーはトークンを簡単に生み出せるという点で他のアルトコインと決定的な違いをもっており、今後もその成長が期待できると言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です