ドル円は上海総合指数の下落と利食い売りで下落

昨日の米国時間にリスクオンの動きを受けてドル円は年初来高値を更新して一時111.23まで上昇も今日は110.78まで足元反落している。これは上海総合指数が弱かったことで下がり始め、利食いが利食いを呼んでいることによるものだろう。敢えて新規ショートする向きは限定的に思えるので、ポジションクローズが一巡すれば再び上昇基調に戻ると予想している。

ブロイラーが相場を語っトリます!とは

ホルスタインの友人であり、ライバルでもあるブロイラーが、目の前の相場で起きていることや、その日の注目イベントについて語るコーナーです。

日本時間の12:00-12:40の間に、平日は毎日アップロードするように運営していきます。

このブロイラーというニワトリのような生き物は、ホルスタインとは異なり固くてつまらない相場の話しか言わないかもしれません。
「ホルスタインが頭おかしいので、自分までバカなことを言うと収拾がつかなくなってしまう!」と彼なりに危機感を持っていることが理由だそうです。

退屈な話が多くなるかもしれませんが、きっと彼なりに、このホルスタインの投資研究所をもっと良いものにしようと努力しているからこそそうなってしまうのだと思います。
ホルスタインと同様に温かい心で見守ってあげてください!