深夜から米債金利低下によりドルが下落

昨日の海外時間に11年ぶりに米債のイールドカーブの2年と5年が逆転するなど金利低下が進んだ。これは先週のパウエル発言に続き昨日もクラリダ・クオールズ両副議長から来年以降の利上げに後ろ向きな発言が出たことによるもの。米金利の低下はドル安効果に働いていく。ドル円は114円に向かうよりは112円台で今年を終える可能性の方が高いと考えている。

ブロイラーが相場を語っトリます!とは

ホルスタインの友人であり、ライバルでもあるブロイラーが、目の前の相場で起きていることや、その日の注目イベントについて語るコーナーです。

日本時間の12:00-12:40の間に、平日は毎日アップロードするように運営していきます。

このブロイラーというニワトリのような生き物は、ホルスタインとは異なり固くてつまらない相場の話しか言わないかもしれません。
「ホルスタインが頭おかしいので、自分までバカなことを言うと収拾がつかなくなってしまう!」と彼なりに危機感を持っていることが理由だそうです。

退屈な話が多くなるかもしれませんが、きっと彼なりに、このホルスタインの投資研究所をもっと良いものにしようと努力しているからこそそうなってしまうのだと思います。
ホルスタインと同様に温かい心で見守ってあげてください!