ビットコインキャッシュ(BCH)が人気の理由!安く買える取引所を紹介!

2017年8月にビットコインからハードウォークしたビットコインキャッシュ。

この記事では、ビットコインとの違いやビットコインキャッシュが人気の理由からビットコインキャッシュを安く買える取引所・販売所をご紹介します。

ビットコインキャッシュ(BCH)とは?

「ビットコイン」という名前を有しているためビットコインと混同されがちなビットコインキャッシュですが、いくつかの点でビットコインとは異なります。

ビットコインキャッシュは、ビットコインのスケーラビリティ問題(後述)を解決するため、ハードフォーク(仮想通貨が分裂して2種類になること)によって誕生した、ビットコインとは異なる別の仮想通貨です。

ハードフォークした2017年8月当初はあまりマイニングもされずしばらくは価格が上昇しませんでしたが、大手仮想通貨取引所「CoinEx」が基軸通貨に採用したり、その価値に気付き始めた人の買いが入るなど好材料が続いたことで最近の取引量は上位に位置しています。

 

ビットコインキャッシュ(BCH)の基本情報

通貨名(通貨単位)
ビットコインキャッシュ(BCH)

公開日
2017年8月1日

日本の取引所
bitbank、BitTrade、QUOINEX、BITBOX

海外の取引所
Binance、CoinEX、kraken、KORBIT、Bitstampなど

 

ビットコインキャッシュ(BCH)が人気な理由

ビットコインの取引量増大に対応すべく、ブロックの容量は維持したままSegwitなどによるソフトの改良を唱えたビットコイン派と、ソフトは維持しつつブロックサイズを大きくすることを唱えたビットコインキャッシュ派で対立が起こり、ビットコインとビットコインキャッシュに分かれ、後者に支持を得ています。

 

ビットコインとの比較において、最も分かりやすい違いは「最大ブロックサイズ」です。

(ブロックとは、ビットコインの送金記録など取引の記録スペースのことを言い、このブロックが記録できる取引データの『最大容量』のことをブロックサイズといいます。)

ビットコインのブロックサイズは1MB(メガバイト)ですが、ビットコインキャッシュは8MBにまず設定されています。つまりブロックサイズが8倍なので、単純計算で約8倍の取引を処理する事ができます

 

もう一つの違いとして、ビットコインには「Segwit(セグウィット)」という機能がありますが、ビットコインキャッシュにはSegwitがありません

(Segwitとはデータの一部である署名データをトランザクション(取引記録)に記録しない事により、より多くの取引データをブロックに入れる技術をいいます。)

 

なぜビットコインとビットコインキャッシュに上記のような違いがあるかと言うと、「スケーラビリティ問題」を解決するための方針がビットコインとビットコインキャッシュで異なるからです。

 

そもそもビットコインの中核技術であるブロックチェーンは、取引記録を一つのブロックにまとめて記録してネットワーク上に分散して保存しています。そして、ブロックは今までの取引のとおりにチェーン状に繋がれており、事実上データ変更や改ざんが不可能となっています。

しかし、ビットコインの各ブロックに記録できる容量は1MBであるため、ビットコインの取引量が増加するにつれてデータ処理速度が追いつかず、かねてから懸念されていたデータ処理の延滞が起こるようになってしまいました。これを「スケーラビリティ問題」といいます。データ処理が追い付かずないため、ビットコインの送金や決済に数十時間や数日かかるということです。

そこで、ビットコインの取引量増大に対応すべく、ブロックの容量は維持したままSegwitなどによるソフトの改良を唱えたビットコイン派と、ソフトは維持しつつブロックサイズを大きくすることを唱えたビットコインキャッシュ派で対立が起こり、ビットコインとビットコインキャッシュに分かれたため、上記のような違いが生まれています。

 

ビットコインキャッシュ(BCH)の購入方法

国内の取引所でビットコインキャッシュを購入できる取引所・販売所は、以下の7社になります。

取引所

 

販売所