ネム(NEM)は何故人気?ハッキングされないようにするために

今回は、ネム(NEM)について詳しくお伝えします。

ネムとは?

仮想通貨には「ビットコイン」や「イーサリム」、「リップル」など、さまざまな通貨があります。これらはそれぞれに運用方法が違い、独立したサービスです。そのなかでも最近注目を浴びている仮想通貨がネムです。ネムという名称は「New Economy Movement(新しい経済運動)」の頭文字から来ています。

 

ネム(NEM)の基本情報

通貨名(通貨単位)
ネム(NEM)

公開日
2015年3月

日本の取引所
Zaif、DMM Bitcoin、コインチェック

海外の取引所
Poloniex、Bittrex、Livecoin、HitBtc、Cryptopia、Bitcoin Indonesia、AEX、YoBit、Livecoin、Exrates、LiteBit.eu、Abuoins、Qryptos、COSS

 

ネム(NEM)が人気な理由

ネムのコンセプトが、金銭的な自由・分散化・平等を掲げて運営されています。従来の全世界の経済システムでは、金持ちはより一層金持ちに、貧乏人はより一層貧乏人になるというのがルールとなっていました。

ネムの運用では、この経済ルールを崩し、均一化を目指していこうとする役目があります。この部分が最近注目を浴び、人気となっている仮想通貨なのです。セキュリティの高さもあり、安全に運営されていることも人気となっています。

 

もう1つ、ネムが人気の理由は、ずばり通貨の安さです。先駆者の「ビットコイン」は値が高騰し過ぎていて、気軽に買えないのが難点なのですが、比較的新しい仮想通貨のネムはまだ価格が高騰していないという点にあります。これが初心者の人でも買えるという希望につながり、人気が出ているのです。

 

ネム(NEM)の購入方法

ネムをはじめとする仮想通貨は、仮想通貨取引所で購入出来ます。

日本の国内取引所でネム(NEM)が取引出来るところは、以下3社になります。

 

ネムを安く買うならZaif(ザイフ)

Zaif(ザイフ)
ネムの場合、取引手数料が0.1%と安いのが魅力です。手数料の高いコインチェックと比べると、Zaif(ザイフ)で開設しないメリットがありません。

日本の取引所でネムを取り扱っているところは少なく、取引所開設してから入金して取引するのにおおよそ1~2週間かかるので余裕をもって開設しておくのがよいでしょう。

 

セキュリティ

Zaif(ザイフ)の仮想通貨は、コールドウォレットで保管しています。また、1月29日にセキュリティ対策室を設置、マルチシグ(複数者署名)の強化やコールドウォレット比率の引き上げなどを行うとしています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です