リップルが米最大級の仮想通貨取引所で取引が出来ない理由

リップル(XRP)は主要な仮想通貨取引所に上場できておらず、仮想通貨市場を席巻しているとは言い難い状況です。Coinbaseのような利用しやすい取引所に上場できなかったことで、2017年末のブームを逃してしまったと語る人もいます。

先日、ブルームバーグが「リップル社は主要な仮想通貨交換業者であるコインベースとジェミニに金銭的なインセンティブを提案した」と報じました。(しかしこれは異例ではなく、そもそも仮想通貨が上場するためにコストはかかるものなのです。)

リップルの抱える問題とは?

ブルームバーグによれば「リップルは問題を抱えている」といい、

仮想通貨で世界3位の「XRP」を発行するリップルは問題を抱えている。複数の銀行がリップルのネットワークと契約し、出資も行った。ただ米最大級の仮想通貨交換業者2社を通じた取引はまだ実現しておらず、この事実は目を引く。

 

ブルームバーグはリップルが主要取引所で取り扱われていないことに疑問を持っており、将来の国際間取引を担う企業であると考えているようです。当然ながら、もしジェミニやコインベースに上場できていればリップル(XRP)の価格は高騰していたでしょう。

しかし、ブルームバーグによると、リップル社は現金100万ドルの支払いでジェミニに取り扱い開始を説得できるか打診したものの、リップル(XRP)の扱いが「証券」であるか固まっていないことを理由にこの提案は受け入れられなかったということです。

もしリップル(XRP)が「証券」であるならば、株式と同様に取り扱われて米証券取引所に上場できるでしょうが、「未登録の証券」と見なしうるならリップル(XRP)は仮想通貨の域を出ず、米証券取引所で取り扱うことが違法となるかもしれないのです。

仮想通貨の非中央集権的な思想との矛盾

ブルームバーグによると、「米証券取引委員会(SEC)は、証券と見なされるデジタル資産を扱う仮想通貨取引所は、国の交換業登録をするか、免除資格の登録の必要があると述べている。」とのことで、リップルは大きな逆風に直面しています。

米証券取引委員会の認可を受けることは、リップルにとってメリット・デメリットの双方あり、もし認可を受けるのなら米証券取引所で新たなマーケットを切り開くでしょうが、その過程で仮想通貨市場の共感を失うことになるでしょう。恐らく、認可を受けようとしただけでリップルから心が離れる人もいるのではないでしょうか?

 

CoinRoutes CEO、Dave Weisberger氏は次のように述べています。

株式市場においては、手数料は中央機関による取り締まりの意味合いもありました。しかし、仮想通貨は誰にも管理されない思想のもと運用されているのです。

ブルームバーグは米証券取引所に参加することがベストな道と考えているようですが、リップルの今までの努力や支えてきた仮想通貨投資家のことを考えると、本当に価値のある事なのでしょうか?

 

Why Ripple Has Failed To Get A Spot On The Major Exchanges
By Nathan Bentley on April 5, 2018

参考記事はこちら